メインイメージ

費用の相場について

会社設立をするときの費用の相場について

会社設立をすれば、当たり前のことなのですが色々な費用がかかります。実際にはどれくらいの資金があれば良いのでしょうか。事務所を確保したり、必要な設備を購入したりすれば、それだけ多くかかりますが、すでに個人事業で何らかの収入を得ている場合には、必要なものはある程度は整っているでしょうから、この部分は考えないことにします。

会社設立で必要となるもっとも大きな資金は資本金です。かつては、株式会社設立には1,000万円、有限会社設立には300万円の資本金が必要だったのですが、現在のところはこの規制は撤廃されています。ですから、資金があまりなくて資本金を1円で設立することも可能です。ただ、資本金は会社の基礎体力とも言える部分ですし、登記事項ですから調べようと思えば誰でも調べることができます。ですから、あまりにも少なすぎるのはよくありません。100万円くらいは最低でも準備しておきたいところです。

会社設立をするためには法定費用がいくつかかかります。これは会社の種類によって異なっていて、株式会社の場合には定款の認証と登記申請とで別々に支払わなければなりません。定款の認証手続きでは、定款に貼る収入印紙代が4万円と、認証手数料の5万円がかかりますから、合計で9万円がかかります。合同会社の場合には認証は必要ありませんから手数料を支払わなくて良いです。定款には収入印紙を貼らなければなりませんから4万円はかかります。

登記申請を行うときには登録免許税を支払わなければなりません。登録免許税は、原則として資本金の1,000分の7で、最低金額が定められています。最低金額は、株式会社で15万円、合同会社で6万円となっていますから、小規模な場合にはたいていは最低金額だけの金額となります。

合計すれば株式会社の場合には24万円で、合同会社の場合には10万円となります。これが最低限必要な資金です。しかし、電子定款を作成すれば収入印紙代を支払わなくて良いですから、4万円分安くなります。株式会社は20万円で、合同会社は6万円となるのです。

ただし、電子定款を作成するためには色々な機器が必要となりますから、行政書士事務所などに依頼したほうが良いです。依頼する場合には報酬を支払わなければなりませんが、その相場は1万円か、それよりも安いくらいです。4万円分安くなるのですから、これくらいの報酬なら支払ってもメリットは大きいと考えられます。