メインイメージ

総務の仕事

会社設立で総務の仕事に関すること

会社設立を行って、次第に会社を大きく発展させる場面もありますが、会社によっては総務という部署を設けることがあります。個人事業の場合では、事業主が殆どの項目について一人で行うことが多い傾向にありますが、ある程度の従業員数を持っている会社の場合では総務のお仕事は大切な部分とされています。

会社設立を行って直ぐの段階では、社員数も少ない傾向にあるために、円滑に事業展開を行うことも可能になりますが、実際に従業員の多い企業の場合では、具体的には社員を新しく募集するような場面では、公共の職業紹介所などに足を運んで、求人募集を行うような場面も多く見られ、実際に面接を担当する会社も存在しています。

また、多くのケースで顧客に対する仕事内容ではなく、自社の管理業務などを行うことを前提としている内容が大半を占めているために、従業員の社会保険の加入に関する内容や、従業員の給料に関することなど、経理的な部分も担当することもあります。福利厚生に関する内容も大切になり、会社設立時に設定している会社規則に合致するように、社内の法整備となる部分にまで仕事が及ぶこともあります。

また、会社内に設置されている機器類の管理業務や、設備類の修理などを担当するケースも多く、会社運営をスムーズに行うことができるように努めることが一般的に行われている内容になります。実際に会社設立後には総務などの経験者を社員として入社してもらうことも良い手段になり、円滑に業務を遂行できる能力を持っていることが必要とされています。

会社によっては、給料計算や、各種手当などを担当する場合や、顧客先の売掛の管理業務や、伝票を発行することが必要とされている場面も用意されていて、トータルに業務を行う場面も見られます。会社設立を行う上では、将来的なビジョンを明確にしておくことも必要とされていて、その中には社員数などが増えた場合の対処方法等も含めて考える必要が出てくることがあります。

現在では比較的簡単に会社設立を行うことができ、手続きを代行するサービスなども広く認知されるようになっているために、事業を開始する方法としてはいくつもの手段が用意されています。

しかし、どのような方法で会社を作ったとしても、後に従業員を雇う上では常に雇用者としての知識を持っていることが大切になり、特に労働基準法などに対しても、しっかりと法を順守して会社運営を行うことが求められています。